YYCで家出少女をゲットしました。

32歳の東京都在住の男です。
彼女いない歴は10年以上というモテない男ですが、最近YYCというサイトを使って10代の若い女の子とただでエッチする事に成功しました。
週末に仕事が立て込んでしまい、帰宅の時間は22時を過ぎていました。
しかし、結構遅い時間だというのにムラムラしてきてしまい、近くのデリヘルやソープランドなどに電話をかけまくっていました。
しかし、これらのお店のHPで気に入ってプレイしようと思った子はすべて予約が埋まってしまっている状態でした。
その日はあきらめて帰るしかないのかと思っていたところ、いつもの習慣で見ていたYYCにて今から会える人いませんかというメッセージが。
このYYCの攻略サイトで勉強してプロフィールを設定してたからでしょうかね∠( ‘ω’)/∠( ‘ω’)/∠( ‘ω’)/

女の子がいる場所を確認してみると自分の家のすぐ近くの駅でした。
自分の地元の駅まで来てくれるかと確認したところ、二つ返事でオッケーとの事でした。
自分がちょうど地元の駅に帰り着くくらいの時間を見計らって、駅で待ち合わせしました。
顔写真を確認していなかったのですが、黒いスカートをはいていて、上半身はピンクのセーターとの情報だけはもらっていました。
もし、いまいちな女の子だったら素通りして帰ろうと思ってそれとなくチェックしていると、改札のあたりにピンクのセーターの女の子を見つけました。
横目でチェックすると、AKBの小嶋陽菜に似た雰囲気の女の子でそこそこかわいい子でした。
この子ならいいかと思い、声をかけてみる事にしました。
ちなみに、この子の名前はFちゃんといいます。
Fちゃんは非常に緊張している様子でまた大きな荷物を抱えています。
とりあえず、近くのファミレスで食事をしようという話になってそのまま一緒に歩き始めました。
歩く道すがらでいろいろ情報を確認していると、もともとは関西の方に住んでいたのですが、親との折り合いが悪くなって出てきたとのことでした。
上京した友達の家に泊めてもらっていたのですが、友達に彼氏が出来て居づらくなったため、友達との同居をやめて一人暮らしを始めたが、アルバイトをクビになってしまい、家がなくなったとのこと。
世にいう家出少女というやつのようです。
最近はネットカフェに寝泊まりしていたようでとりあえず布団で寝たいという事を言っていました。
そのまま寝床を提供するという話で自宅につれて帰りました。
そして一宿一飯の恩を体で返してもらいました。
このFちゃん、デブではないのですが、肉付きがよく抱き心地のいい体をしていました。
しばらく楽しみたかったので1週間ほど同居してその体を堪能させてもらいました。

高校時代のもどかしい恋愛話

“高校生のお付き合いをしていたことがありました。私はかなり恋愛に奥手で自分から告白とかできないタイプだったから、付き合っているのか付き合っていないのか、最初はなぁなぁな感じから始まった恋愛でした(;^ω^)
2人とも高校1年生でまだまだ若くて付き合おうとか言うのも恥ずかしかったから仕方なかったのでしょうか、、。私は好きだっていうことを友達に言ってたし、彼も私のことを好きだって言ってたみたいで、だったらってことでお互いの友達がグループデートを企画してくれて、それからなんとなく二人で会うようになって、なんとなく付き合いが始まりました。
結構ちゃんと告白してほしいな、って悩んだときもありました。友達に話しても、それって付き合ってないじゃんとか言われるくらいでした。付き合うようになってしばらくたってちゃんと付き合おうって言ってほしいって直接言ったことがあったけど、恥ずかしいからって結局言ってくれませんでした。寂しかったけど、彼氏ってことでいいんだよねって確認したらうなずいてくれたし、彼のことを信じることにしました。
そしたら、なんと友達が協力してくれて、私と彼が二人で一緒にいるときに彼に付き合ってるの?って聞いてくれたんです!彼は恥ずかしそうに「付き合ってる」って言ってくれて( *´艸`)本当に嬉しかったです。その場で泣きそうになりました。友達にはよかったねって言ってもたし、良い友達と彼氏に恵まれて最高の高校生活だったな、って今でも思います。”

SNSでライトな不倫…をされていた!

“うちの旦那の話になるのですが、今ではTwitterからFacebookからまあさまざまなコミュニケーションツールがありますよね。細かいところはよくわからないので、大雑把に「SNS」と言いますね。そして結論をもう言いますけれど、うちの旦那がSNSで別人物を作り上げていて、そして言ってみれば「ライトな不倫」を繰り返していたのですよね。

旦那いわく「やってない」「飲みに行っただけ」ということですけれど、本人じゃないので真相はどうだかよくわかりません。それでぶっちゃけ、やったかやっていないかどうかは実はそれほど興味がなくって、私の怒りの矛先はといえば、「SNSで良い顔している旦那」というところに向かっているのですから。

「SNSで良い顔している旦那」に非常に腹が立っているのです。実際は家のなかではトランクス姿でデブデブしている状態なのに、SNS上の人物イメージでは通ぶった感じというのでしょうか、なんだかオシャレ~な人物に仕上がっているのですよね。

ま~あ、本当に自分発信のSNSというものは、うまく演出していけるものですよね。それでもとより音楽やカルチャーやらは詳しいですし、アホな女子がひっかかるわけなんですよ。年上のお兄さん的な人に詳しく教えてもらえる~といった感じで。それで飲みに誘って実際での交流も深めるというわけなのでしょう。

けれどもね、「既婚者」さらには「子持ち」ということは黙った上でのことですからね。あなた不倫ですよ、不倫。人生の重要なポイント、プロフィール上の重要なポイントを隠してプロフ作るって魂胆がもう「不倫する気満々」じゃないですか。そこが腹立っているのです。”

会社のエリート社員との浮気

自分は現在ですが、28歳の男性会社員を行っております。自分は高卒社員であるので、総合職の人がときどきではありますが、本当にうらやましくなってしまうときがあります。そしてこれは半年ほどの前の話となりますが、自分の職場では、プロジェクトチームがいくらか存在をしており、全てコスト削減や会社の発展に貢献をしようとしているチームばかりです。そこで現場で立ち上がったチームを会社の支社の方で面倒をみてくれるのです。そして自分が担当してくれる支社の人は何人かではありますが、女性社員がおります。それらは全て有名な大学を卒業している総合職であり、まさにエリートと呼ばれる人たちばかりです。そして話し方も気品にあふれております。自分のヤンキーのような妻とはえらい違いです。卒業したところが違うだけで、妻と年齢が同じでここまで違うのかと思いました。自分には高嶺の花だと思っておりました。そのプロジェクトチームの懇親会に支社の方も参加を行っていて、その女性社員も参加をしておりました。そして飲み会が終了後に連絡先を渡されてしまいました。一目ぼれをされたみたいでした。支社のほうでは自分の地道な努力が認められているようで、いろいろと名前が挙がっていたようです。そして、その女性社員の目にとまったようです。そこで自分はしてはいけないと思いましたが、その女性と一夜を共にしてしまいました。一糸まとわない姿でも気品さは失われておりませんでした。その後は何事もないようにお互い仕事に取り組んでおります。